韓国ドラマ「ドドソソララソ」Netflix配信開始!Araちゃんがかわいすぎる!

こんにちは。管理人のゆずです。サイトに訪問くださりありがとうございます!

韓国のKBS放送で2020年10月から放送されていた「ドドソソララソ」が12月3日からNetflixで配信が開始されました!

観始めたら止まらなくて、イッキに最後まで観てしまいました!

Araちゃんがかわいすぎる!!!そしてこのドラマは主要なキャストがみんな良い人で愛着がわきます~。

あらすじは???

「ドドソソララソ」のあらすじは?

ピアニスト…いや、ピアノ専攻者ク・ララ(コ・アラ)。最高のバイト能力の持ち主ソヌ・ジュン(イ・ジェウク)。運命的に出会った2人は強烈だが、短く“アンニョン”のあいさつで最後になると知った。しかし、数日後、彼らにさらに運命的な瞬間が近づいてくる…。

KBS公式サイトより

ハイクラスな家庭でお嬢様として生まれ育ったク・ララが、わかりやすく没落して無一文になるところから始まりますが、このク・ララのなんとポジティブなことか!明るくてめげない性格にみんなが惹かれていきます。

裕福な生活から一転、全てを失っても笑顔を忘れないピアニストのク・ララ(Ara)がたどり着いた小さな町。懐かしい旋律が、愛と希望、そして自分がいるべき場所を教えてくれる…。「ドドソソララソ」は韓国で10月7日〜11月26日に韓国KBSにて放送された最新ドラマだ。それぞれ傷や秘密を抱いて小さい田舎の村ピアノ教室「ララランド」に集まった人々の物語が繰り広げられ、甘いときめきと共に愉快な笑いを視聴者に届けてくれる。

naviconサイトより

ララはあるきっかけでウンポという小さな港町に住み着くことになりますが、そこで再会したジュンの支えでララ・ランドというピアノ教室を開き自活していくことになります。

そして、彼女の事情を知る心の傷を抱えたジュン。無愛想にもあたたかくララを見守り、支えていきます。しかし!このジュンは何か怪しい・・・何か隠しているみたいだし、何者かから追われているし・・・・一体何者なんだろう・・・。

ララはピアノ教室に生徒を呼び込もうと一生懸命に奔走したおかげで生徒が少しづつ集まり始めるのですが、生徒第一号はジュンでした!こうやってララを支えて力になっていくジュンですが、なぜそんなにララに親切にするのか・・・

このドラマは本編とは別に「エピローグ」という形で伏線を回収していくので、あぁ~、そういうことか!と納得できる展開になっています。

「ドドソソララソ」キャストは?

ク・ララ(演:コ・アラ)

生まれてすぐに母を亡くし、父娘二人っきりで暮らしてきたけど、愛情たっぷりに育てられたおかげで天真爛漫のお嬢様に育つ。が、結婚式当日に突然父親を亡くし、その上に結婚相手には逃げられ、天涯孤独の身になってしまう。更に世間知らずのために不動産詐欺にまで遭うが、どんな時も笑顔を忘れない明るいヒロイン。お金がないという人生初めての状況で偶然出会ったウジュンに助けられ、ウジュンにお金を返すため、自身の唯一の特技であるピアノで新たな道を切り開こうとする。

ソン・ウジュン(演:イ・ジェウク)

夢も目標もなく、アルバイトで生計を立てる秘密の多い若者でヘンボク生花店に住んでいる。何者かに追われ隠れるようにして暮らす。誰にも心を開くこともなく、荒々しく見えるが繊細で、冷たそうに見えるが温かい、ギャップのある魅力を持つ。ララと関わるようになって、少しづつ生活に変化が出てくる。

チャ・ウンソク(演:キム・ジュホン)

バーンアウト(燃え尽き症候群)になり、仕事も財産も結婚生活までも手放してウンポで整形外科医として働く。そこで交通事故で入院してきたララの主治医となり、ララと関わることにとよって忘れていた笑顔を取り戻す。何かとララの世話を焼くジュンのことをいぶかしく思い、ララを気にかけるようになる。

コロナに翻弄された「ドドソソララソ」の撮影とは

このドラマは韓国で10月7日〜11月26日に放送されましたが、当初は8月末からの放送開始予定でした。

ところが、出演俳優がコロナ陽性判定を受けたことから撮影を一時中断し、出演陣及びスタッフの自宅隔離が行われたため、放送日程を遅らせてスタートするなどアクシデントに見舞われました。

当初の予定よりも大幅に遅れましたが、11月末に無事に放送を終了しました。視聴率は初回2.6%でスタートしたものの少しずつ上昇し、最終回は4%台に到達(最高視聴率は12話の4.2%)。

視聴率だけで見ると多少振るわなかったかもしれませんが、このように後半部底力を発揮できたのにはいくつかの要因があったと言われています。

1つは愉快ながらも心温まるストーリー。悪役もおらず刺激的要素も比較的少ない、小さい田舎町で起きる些細なストーリーで物語を展開させていく美しいヒーリングドラマとして魅力を見せたということ。

2つ目には、個性溢れる愛らしいキャラクター達が視聴者に与える笑いや、時に起こるどんでん返しの展開など、作品の魅力が視聴者たちにしっかりと伝わっていったということ。

このドラマは本当に心にほんわかとやさしい風が吹くようなドラマで、出てくる人物たちがみんな愛のある魅力的な人物になっています。ウンポという町のゆっくりした雰囲気にもマッチしていたのかもですね。

視聴感想。ネタバレなし。

ララ・ランドというピアノ教室が軸になっていることもあり、ピアノを弾くシーンも多く出てきますが、みんなほんとに弾いてるみたいにすごかった!

子役の子たちの指もきちんと動いてて、音はアテレコだと思うけど、とっても上手でした。

そして、出てくるピアノが「AHA」っていうピアノなんだけど、あれって「YAMAHA」の文字消してるんですよね?!

きっと不買運動とかの影響で日本ブランド名出せないんだろうなぁと変なところで日韓情勢のひずみを感じてしまいました。

いろんな感情はあるものの、純粋にエンタメを楽しんでいきたいと思います!