演技派女優ハンイェリ結婚してる?整形の噂や年齢など

ドラマや映画に出てくると、内容がピリリと引き閉まる不思議なオーラを持つハン・イェリさん。

そんな、ハン・イェリさんのプロフィールや噂などについて調べてみました。

ハン・イェリのプロフィール

名前:ハン・イェリ (本名:キム・イェリ)

生年月日:1984年12月23日

出身:韓国、堤川市

学校:韓国芸術総合学校

身長:162㎝

星座:やぎ座

趣味・特技:韓国舞踊

家族:両親、妹、弟

ハン・イェリの出演作

【出演ドラマ】

「ロードナンバーワン」「ヨンウの夏」「六龍が飛ぶ」「青春時代」「スイッチ~君と世界を変える~」「緑豆の花」

【出演映画】

「麒麟とアフリカ」「青い川は流れろ」「海の方に、もう一歩」「パジュ(坡州)」「帰郷」「平凡な日々」「できる者が救え」「鬼」「浄土アニャン」「KOREA」「幻想の中の君」「サウスバウンド」「スパイ」「同窓生」「群盗:民乱の時代」「海霧」「劇的な一晩」「最悪の一日」「春の夢」「ザ・テーブル」「チャンピオン」

ハン・イェリさんは2007年に映画「麒麟とアフリカ」でデビューしました。

独立映画にも数多く出演していますが、その演技力の高さから『独立映画界のチョン・ドヨン』と絶賛されました。

2012年に出演した映画「コリア」では『百想芸術大賞映画部門新人賞』を受賞しました。

この映画は実話を基にしたストーリーで、南北統一の卓球チームの話しです。

イェリさんは、北朝鮮側の一番若い卓球選手ユ・スンボクを演じています。役柄の化粧っ気のない顔とショートカットはトレンディーな女優とは程遠い印象でしたが、「現実の北朝鮮の選手はあのようではなかったのだろうか」と観客たちを納得させるリアリティだったのです。

また、撮影前には実際に延辺(ヨンピョン)でリアルな北朝鮮なまりの方言を学んだことで演技も感情移入を助けたと評価されたのでした!

ハン・イェリは舞踊家?

私がハン・イェリを初めて知ったのはドラマ「六龍が飛ぶ」でした。

谷山(コクサン)剣法の継承者という役柄でしたが、その剣さばきが綺麗というか、流れるような動きがとても美しくて目が離せなくなりました。

いわゆる『美人顔』ではないのだけれど(ごめんね!)、とても美しいのです!

調べてみると、「舞踊家」としての顔も持つことを知り納得です。

彼女が2歳の時に家の近くのダンススクールに通い始めた事が舞踊の始まりです。

その後も現代舞踊、韓国舞踊と真剣に取り組み進路も国立国楽中・高等学校へと進学し『将来は有名な舞踏家に自分はなるのだろう』と漠然と思っていたそうです。

ところが、友人と軽い気持ちで出演した映画『麒麟とアフリカ』では、いきなりミジャンセン短編映画祭で「演技賞」受賞してしまったのだそうです。

舞踊家としてのキャリアを志していた彼女でしたが、身長が伸びなかったこともあり断念し、教育者として俳優向けの振り付けのトレーニングなどを担当する道を選んだことがきっかけとなり、短編映画やインディーズ映画へ出演するようになっていったということです。

現在も舞踊家としてステージに立つイェリさん。舞踊家として活動するときには本名の「キム・イェリ」として活動を続けています。

ハン・イェリの結婚は?

童顔ですが、35歳のハン・イェリさん。現在は独身です。

そして、これまでに熱愛の報道は見当たりませんでした。

昔から理想の人は俳優の「アン・ソンギ」だと語っているハン・イェリさん。魅力的な大人の女性なので、水面下では素敵な恋が進行しているかもしれませんよね。

ハン・イェリは整形してる?

幼い頃からのめり込んだ舞踊でも、周りの友人に比べて容姿や身長で劣っているため、それらをカバーするために人一倍努力したというハン・イェリさん。

どうしても、おめめパッチリで目鼻立ちがはっきりくっきりしている方が器量よしとされるのは日本でも韓国でも同じのようです。

そんな見た目に幼いときは、「劣っている」と感じていたのですね。大人になった現在の顔を見ても目はスーッとした一重だし、鼻筋も特別高い印象はありません。

デビュー当時の映像と現在も変わらないので、整形はしていないのではないでしょうか。

女性としては、目鼻立ちうんぬんよりも、彼女の美肌を羨ましいと思うのです。

これからも、作品と彼女のプライベートから目が離せません!