若手実力派ソジフンのプロフィールから熱愛、兵役情報まで

デビュー作「シグナル」での鮮烈な印象が忘れられないソ・ジフンさん。その後も次々と話題作に出演し、それぞれの役柄を見事に演じ切っています。

ソジフンさんのデビューに至るまでのエピソードや新作ドラマや熱愛など、気になるうわさについて調べてみました。

ひーちゃん
ひーちゃん
ドラマ「シグナル」がデビュー作とは!

ソ・ジフンのプロフィール

名前:ソ・ジフン(seo-ji Hoon)

生年月日:1997年4月25日

出身:テグ広域市

身長:184㎝

血液型:B型

学歴:慶熙(キョンヒ)大学校 演劇映画科

【出演作】

シグナル、ソロモンの偽証、恋するレモネード、刑務所のルールブック、ラブ・トライアングル~また君に恋をする~、ミスティ~愛の真実~、ケリョン仙女伝~恋の運命はどっち!?~、コッパダン(原題)

2019年末にソ・ジフンさんの日本公式Twitterが開設され、2020年にはいよいよJAPAN OFFICIAL FANCLUBオープンも予定です。日本でもソジフンさんの活躍が期待されますし、ファンクラブができるなると、ファンミーティングの開催で来日!なんてことも期待されますね!

祝!公式サイトオープン!
ひーちゃん
ひーちゃん

ドラマ「シグナル」でデビューしたジフンさんですが、この役はオーディションで勝ち取った役でした。

「シグナル」出演を前にして

キム・ウォンソク監督の作品に出演することとなり、とても光栄に思っている。前作『ミセン-未生-』も深く感銘を受け、監督の演出力には毎回驚かされた。キム・ウニ作家の作品もすべて観賞したほどのファン。一度、キム・ウニ作家の作品に出演してみたいと願っていたが、こんなにもはやく機会がくるとは思っていなかった

と心境を語っています。

脚本家であるキム・ウニ作家のファンなのですね。

キム・ウニ作家の作品をすべて鑑賞してのドラマ出演なので感激もひとしおだったと思います。

役柄としてはいわゆる〈悪役〉でしたが、デビュー作とは思えないほどの演技でした。涼しげな目元が怖く見えるほどのイやな印象・・・ほんとにあんな性質なのかしらと思わせる目の演技。

「シグナル」のオーディションは演技をビデオ撮影したものを送るものだったと言いますが、なんと50回以上も撮り直しをしたものを送ったそうです。

努力が報われての合格。合格の知らせは食事中にかかってきた電話で、翌日から撮影が始まるということで、食事もそこそこに撮影に参加したそうです。

雑誌の取材で「シグナル」の撮影について

私の初めての作品であり顔を知らせることができた作品。撮影期間は2,3日ほどであった。編集に多くの気を遣ってくださって印象深く出てきたようだ。役割の多様さを離れてとても感謝する

と語っています。

いや~、何度も言いますがあれが初演技だったとはオドロキです。

ソジフンの兵役情報は?

ソジフンさんは、デビューしたのがまだ高校生で、そのあと大学に進学して演技を学んでいるので、兵役にはまだついていないようです。

今年(2020年)23歳になりますし、これからますますキャリアを積み上げてからの兵役になりそうですね。

それまではたくさんの作品に出演してもらって、たっぷりと楽しませてもらいましょう~!!

ソジフンの彼女や熱愛情報は?

はい、ソジフンさんの熱愛関係の情報は探しても全く出てきませんでした。

高校生時代や共演者との噂に関しても全くナシ。

演技者になろうと演技の勉強はもちろん、なかなか巡ってこないオーディションの機会をうかがっていたところの「シグナル」出演のチャンスなので、恋愛している余裕はなかったのかもしれないですね。

理想のタイプについてや恋愛中の自分自身について

僕は明るい人が好きです。恋愛する時は、相手に合わせるタイプだと思います。それから、相手のことが大好きだったら、性格すらも変えられるものだと僕は思っているので、僕は相手に合わせるほうですね。

と2019年12月のKStyleのインタビューで答えています。

相手を尊重する恋愛スタイルのようですね。

ソジフンの性格とは?

「ケリョン仙女伝~恋の運命はどっち!?」で演じたキム・グム役について、似ているところは?と聞かれたジフンさん。

何事も前向きにとらえる部分が似ていると思います。グムは、“そういうこともあるさ”と現実を柔軟に受け止める性格なんです。例えば仙女さんが本当に仙女だったと知った時も“そういうこともあるかも”と受け止めるような部分が僕に似ていると感じました。

柔軟な性格が、色んな役を演じ分けられる要素につながっているんですね!

このドラマで車の運転シーンがあると知り、自動車運転免許を取りに行ったジフンさん。

見事一発合格し、ドキドキしながら運転シーンをやり切ったと話しています。柔軟&ストイックな一面があるようです。

コンスタントにドラマ出演が続いているソジフンさんですが、今年あたりは忙しいドラマ出演の合間をぬって、映画出演にも期待したいですね。

次はどんな役柄をこなしてくれるのか、楽しみです!!

ぺんたん
ぺんたん
今後の活躍も楽しみ~